放置、自腹、怒鳴る上司、休めない…新卒入社した会社で辛かったこと

仕事

こんにちは、まいこです。
2016年に大学を卒業して、早社会人生活4年目になります。
私はこの4年間で3社の会社に勤め、3社とも退職しました。

今回は新卒入社した会社を11カ月で辞めた理由をお伝えします。

結論から言うと、ブラック企業に勤めていました。
でも当時はおかしいと思いながらも、ブラック企業にいることから目を背けて11カ月我慢して体調を崩して退職。
いま「自分ブラック企業にいる…?」と思った方の参考になれば幸いです。

新卒で冠婚葬祭業界に入社

大学を卒業して新卒枠で入社したのは、冠婚葬祭企業の営業職。
受けた理由は人の人生の節目に携わることに興味を持ったことと、今後の日本社会で需要ありそうと思ったから。
あと内定がこの会社からしか出なかったからというのも本音です。笑

私は生前のうちにお金を積み立ててもらえれば、葬儀が通常価格より安くなりますよという「互助会」と呼ばれるサービスの新規開拓営業でした。

「互助会」知らんわ!という人も多いと思うので(私もこの仕事していなかったら知らなかった)、
近い仕事内容として保険営業のイメージをしてもらえればと思います。

辛かったこと① 無駄に長い新人研修。放置プレイ。

まず4月に入社して7月末まで新人研修だったのですが、正直ノープランな研修でした。

・結婚式場や葬儀の斎場での研修
・営業研修
・座学のマナー研修
など、いろいろ受けましたが、現場の研修はやれることないからとほとんど掃除か飛び込み営業。
座学の研修は100ページ近いテキストを1日掛けて全員で音読したり。

1番辛かったのは現場の研修に行った際、丸1日完全に放置されたことです。
その日は社内テストの日だったみたいで、朝礼が終わったら上司たちは全員テスト会場に。
何も指示されず、いない人間かのように通り過ぎられて、上司たちがテスト会場に移動して行ったのをよく覚えています。

ここで上司に指示仰げよって思う方もいると思いますが、ノープランな研修で会社への不信感が強くなっていた頃なので言い出す気になりませんでした。

今思えばこのタイミングで辞めればよかったのですが、
当時の私は「新卒入社した会社を4カ月で辞めたら職歴に傷が付くから絶対ダメ…」と思い我慢。
結局研修の間に同期11人中3人は辞めてたんですけどね。

そして研修が終わり、営業所に本配属に…

辛かったこと② 自腹祭り!交通費やお土産代などほぼ全部自腹!

配属されてから驚いたのが、とにかく自腹自腹自腹!の自腹祭りだったことです。

研修の頃飛び込み営業するために電車移動していた際は交通費出てたのに、本配属になった途端交通費は自腹に。
個人営業なので入会のお礼や年末年始のご挨拶などのお菓子を持っていくことも、多々あったのですがこれも自腹。
あと資料請求をしてくれたお客様への資料郵送する際の切手代も自腹でした。

この自腹祭りのせいで毎月手取りから1~3万円は飛んでいたと思います…

辛かったこと③ 上司が怒鳴り散らかすタイプ

直属の上司が怒鳴り散らかすタイプなことが、とにかく嫌でした。
月末時点で営業所の目標件数が達成出来なさそうとなると、イライライライラ。

「なんで目標達成できねーんだよ!!!」と壁を叩くのは割と日常茶飯事でした。

1番衝撃的だったのは、

「血流してでも契約取って来いよ!!!!」

と怒鳴られたこと。
血流す仕事ってなんでしょうね…?

未だにわからないので、わかる方いたら教えてください。

辛かったこと④ 10連勤当たり前。休みが取れない。

個人営業の宿命かもしれませんが、土日にアポイントや新規獲得のためのイベント開催がありました。
土日にイベントやって、イベントに来た見込みのお客様へのアフターフォローをするとなると、イベントから日を空けるわけにもいかず10連勤は当たり前の環境。

振替休日もあったのですが、振替休日を申請しながらも実際は出勤するのが当たり前という意味のわからないルールが常習化していました。

10連勤していると体も心も全然休まらず、私は慢性的に体調が悪くなりました。

でも体調が悪いことよりも、体が休まらずメンタルもおかしくなり仕事で外回りしている最中に訳もなく涙が出てくることの方が辛かったです。

結論:おかしいと思った時点で転職の検討を

この会社に勤めていたのは3年前ですが、いま思い出しても辛いです。
研修の時点で辛かったし、怒鳴る上司がいることもわかっていたので研修の時点で退職しておけば良かったなと感じています。

そして「ブラック企業」だと心は気が付いていたのに、
職歴に傷を付けたくない思いから頭では無視して我慢し続けて、結局体調も崩して11カ月で退職することになりました。

時間は有限です。
自分が辛いと思う場所にのんびり時間を費やすほど、人生は短くないと思います。

辛いと思ったら逃げましょう。

逃げても大丈夫です。
生きていれば人生道は切り開けます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました